« 由利本荘医師会に胸部X線検診車が導入されました。 | トップページ | 「由利本荘ひな街道」が開催されております。 »

2008年3月25日 (火)

ゲーム機最大手のナムコがリハビリゲーム機を開発

今や世界を代表するゲーム大国となった日本
そして今、ゲームは子供向けエンターテイメントとしてだけではなく、学習、スポーツなど様々な分野に広がり、対象者も子どもから中高年、そして高齢者まで広がってきているという。
Nec_0316 ゲーム機は、医療などの分野にも活用され始めている。アメリカでは既に各分野の研究者、医師などがゲーム業界と協力し、医療・政治や社会問題をテーマにした「シリアスゲーム」という分野が確立している。
こうした中、ゲームセンターで知られるナムコは「太鼓ゲーム」や「もぐらたたき」のようなゲームを改良し、医師の協力を得て高齢者向けにリハビリ用ゲーム機器を開発。福祉医療施設にゲームセンターを設置し、高齢者が楽しみながらリハビリ・健康維持できるよう試みを始めている。
ゲームは単なる娯楽を越えてどこまで可能性を広げていくのであろうか。
【「シリアスゲーム」の登場――新しいゲームのかたち】
平成19年9月、日本で初めてDiGRA(デジタルゲーム学術会議)が東京大学で開催された。世界中から、医療、教育、法律、環境など様々な分野から400人以上が集まった。「遊び」にとどまらない目的をもったゲームを「シリアスゲーム」と呼び、様々な分野でのゲーム
の可能性が研究されているのだ。
【病院にゲームセンター!?-----ゲームでリハビリする高齢者たち】
ゲーム大国日本も、シリアスゲームの開発に乗り出した。
神奈川県綾瀬市のデイサービスセンター(介護施設)は、なんとゲームセンターで知られるナムコが経営している。やってくる高齢者たちが夢中になっているのは、太鼓を叩くリズムゲーム「太鼓の達人」、出てくるワニをハンマーで叩く「ワニワニパニック」。これらは、もともとあったゲームを叩くものをやわらかくしたり、座ってできるようにしたり高齢者のリハビリ用に改良されたものなのだ。
協力するのは、九州大学医学部の高杉医師。ゲームが高齢者のリハビリに効果があるという医学的効果の分析を行う。高齢者の転倒事故が多いことから、下半身を鍛えるゲームを思いつき、ナムコと共に開発。出てくるヘビを踏みつける「ドキドキへび退治」が完成した。一体ゲームは日本の医療の現場を変えるのか?(日経新聞)
*
ゲーム機製作販売の国内最大手ナムコは、平成13年3月より九州大学ならびにデイサービスセンター「ちょうじゃの森(青森県八戸市)」と共に「リハビリテインメントマシンが身体機能に及ぼす効果」についての研究会を発足し、1年間にわたる検証を実施してきました。
“敏捷性”“バランス”の向上は、高齢者の寝たきり原因の上位にある“転倒”を予防するのに有効であると言われています。今回の検証結果により、「ゲーム機で楽しい時間を過ごしているうちに、結果として身体能力の維持・向上につながるのでは」という仮説が初めて科学的に実証されました。
ナムコでは販売のみならずレンタルも始めています。
秋田で「太鼓の達人」をお試しになりたい方は、秋田市御所野のイオンショッピングセンター二階のゲームコーナーの正面にデーンと置いてあります。
ゲーム機正面の画面に赤が出ると、太鼓をドーンと叩く、青が出たら縁をカーンと叩く、黄色が出たらドドドドドと連打する等のルールで、その反応によって得点が出ます。
この記事に興味のある方はこちらを参照してみて下さい。

更に私の友人である村岡敏英さんのブログ3月19日に「超人ネイガーが太鼓の達人に」と題しての記事がありましたので紹介します。

3月中旬より開始する「太鼓の達人」(バンダイナムコゲームス)の最新版に、秋田のご当地ヒーロー超神ネイガーのテーマソング「豪石!超神ネイガー」が収録されました。
全国区で人気のゲーム機に秋田のご当地ヒーローのテーマソングを収録したことについて、同社広報部の近藤さんは「全国で活躍するご当地ヒーローがたくさんある中で、東京在住の私たちも知っているほど超神ネイガーは有名」であることと、「同曲を歌う水木一郎さんの歌唱が際立っている」ことを挙げています。(秋田経済新聞より)

|

« 由利本荘医師会に胸部X線検診車が導入されました。 | トップページ | 「由利本荘ひな街道」が開催されております。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

太鼓のゲ-ム あれは大人でもやりたい感じでした。 でも人がいると、いないときやりたいな。
色んな情報ありがとうございます。

投稿: | 2008年3月27日 (木) 11時02分

上記のコメントを確認しました。
私は孫(3歳9ヶ月の男子)と一緒に体験してみました。とても面白いゲームでした。経験談と感想は後日に記載するつもりです。

投稿: 佐藤 健一郎 | 2008年3月29日 (土) 20時58分

太鼓の達人にネイガー登場は秋田人としては嬉しいニユースでした。東京の知人の情報では最近は秋葉原でネイガーグッズを販売しているようですね。全国的にもっと人気が出るといいなと思っております。

投稿: 市民 | 2008年4月 7日 (月) 10時32分

先日、孫と一緒に太鼓の達人を試した時に、私達の前の女の子二人が超人ネイガーで見事に演奏していました。あまり上手なので、パチパチパチと拍手をして「すごいね~何年生ですか?」と聞いたら「中学1年です」とニッコリしていました。

投稿: 佐藤 健一郎 | 2008年4月 8日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利本荘医師会に胸部X線検診車が導入されました。 | トップページ | 「由利本荘ひな街道」が開催されております。 »