« 県議会の27日目、会派議員総会が行われました。 | トップページ | 由利本荘医師会長から地域の情報化に対するメールが来ましたのでご紹介致します。 »

2008年3月20日 (木)

県議会の28日目、最終日で本会議が開かれました。

午前9時30分から昨日の議員総会において、自民党から修正案が提案されて、その事務処Photo理に時間を要した為に繰り越しされていた予算委員会が開催されて、各議案に対する各会派からの討論と採決がありました。
委員会で修正案が賛成多数で採択されて、午後の本会議が開かれる事となりました。

午前11頃に西村副知事と佐々木総務部長が自民党控室に訪問して、津谷議員会長、鈴木幹事長、鶴田総務会長、武田政務調査会長、大野議長と応接室で協議に入りました。内容は副知事選任の提案に対して自民党は不同意の意思表明している事は報道でご承知の事と思います。その翻意と今後の対処についての協議です。

*
長い協議がありましたが、副知事と総務部長が一旦応接室から出て来て、県庁に向かいました。県庁と県議会棟は渡り廊下で繋がっています。副知事と総務部長は知事へ自民党の意志を伝えて最終判断を仰ぎに行ったのです。10分程して自民党に帰ってきました。
5分程で会議は終わり、自民党の会派総会が開催されて、津谷議員会長から副知事選任案を知事が取り下げる事が報告されました。

*
午後1時30分から議会運営委員会が開催されて、総務部長が知事から副知事選任案を取り下げたいとの申し入れを了解しました。その為に議事日程の修正など議会事務局の資料作成の為に午後3時から本会議を開く事が決まりました。
3時に1分前、本会議の開催を告げるベルの音がジリリリリ~と議会棟の全館に鳴り響きます。

Photo_2 全議員が着席して本会議の開始です。予定では日程第1として副知事選任案がありましたが、削除されて日程第1には根岸均教育長の教育委員再任を求める人事案件です。
こちらは全会一致で再任を承認しました。次に2月定例会の最大の課題である平成20年度当初予算に対する県議会からの意見集約として、鈴木洋一予算委員長から報告がありました。
主なものを紹介致します。
・県立病院法人化準備事業について、12月議会に提出された債務負担行為は、「現状の体制においても、病院自らの工夫と判断により十分対応が出来るのではないか」として全会一致で削除されたが、今回、再び提出した事について、どのような考えによるものなのか。とただしたのに対し、

知事からは
・脳血管研究センターは、民間譲渡は無理であり、指定管理者制度導入についても難しい。公的病院として不採算部門を持つことは必要と考える。県民に対して安心感を与えるという意味では、良い所は残していくべきである。そのためにも、独立行政法人化して、所長に大幅な権限を与えた方が、プラスになると考えている、との答弁がありました。

*
会派いぶきの門脇議員から「博士号取得者及びスポーツ選考等教員の採用経費」については、募集手順及び募集手続きが不適切であること。またこれに起因した議会での事業効果・事業内容の議論がなされていないことから、これを削除すべきである」とする修正案が提出されましたが最大会派の自民党は「手続きに不適切はあるが、高等学校の学力向上に資するものである」との判断で修正案を否決し、教育庁が取り組もうとしている事業が遂行されることになりました。
Photo_3

*

*

*

*

*

本会議終了後に県議会事務局長に訪問して、県議会のホームページ構成について私の意見を具申しました。
県議会のホームページを担当する政務調査課長と係員も同席して頂きました。
私の意見は、「毎定例会が開催される度に、県当局各部から事業説明の為のとても分かりやすい資料が配付されます。
Nec_0299
その資料は各部の主管課が秋田県庁のホームページで公開されております。
県庁の資料は膨大ですので、県民が必要な資料を上手く見つけ出せれば良いのですが、県議会の審査過程を入り口にして、県政情報を探す方もいるかもしれません。
その為に県議会のホームページにも『今定例会で審議された各部局の説明資料』と言う窓口を作って、各部の詳しい、丁寧な説明資料にリンクを張って頂きたい」と意見を述べました。
この意見に対して県議会事務局長からは「検討課題として調査し、実現できる様に努力します」との回答がありました。

|

« 県議会の27日目、会派議員総会が行われました。 | トップページ | 由利本荘医師会長から地域の情報化に対するメールが来ましたのでご紹介致します。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会の27日目、会派議員総会が行われました。 | トップページ | 由利本荘医師会長から地域の情報化に対するメールが来ましたのでご紹介致します。 »