« 本荘南中学校の建築工事が進んでいます。 | トップページ | 県議会の本会議で代表質問が始まりました。 »

2008年2月27日 (水)

由利本荘市の救急の概要

由利本荘市消防本部から平成19年の救急活動の概要の資料を頂きましたので、皆様にもお知らせ致します。
8571611872658391
 平成19年における
救急出動件数は2,898件、そのうち不搬送件数は271件、
搬送人員は2,679人となっている。
 これを前年比較してみると、
出動件数は210件
搬送人員は216人ヵ月分の増加となっている。
1 出動件数について
  事故種別ごとにおける出動件数は急病が1,897件(前年1,671件)と最も多く、全体の65%を占めており、ついで一般負傷の392件(前年335件)、交通の259件(前年253件)、転院搬送の221件(前年274件)となっている。
  月別でみると3月が274件(前年は1月で262件)と最も多い。
2 地域別出動件数について
  地域別に見ると、最も多いのは、本荘地域の1,309件で全体の45%を占め、以下岩城地域の251件、矢島地域の249件、大内地域の245件、鳥海地域の240件となっている。
3 搬送人員について
  搬送人員を曜日別に比較すると、日曜日が400人(前年も日曜日で367人)と最も多い。
  年齢別では、60歳以上が1,705人で全体の64%を占めている。
  性別・年代別にみると、男性は70~79歳の369人が多く、女性は80~89歳の329人が多く、高齢者の搬送が目立ってきている。
Dscn8553 4 覚知別出動件数について
  全出動件数2,898件のうち、専用電話(携帯119含む)が2,321件と全体の80%を占めて最も多く、そのうち携帯電話からは337件(前年287件)と専用電話の15%を占めている。

|

« 本荘南中学校の建築工事が進んでいます。 | トップページ | 県議会の本会議で代表質問が始まりました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本荘南中学校の建築工事が進んでいます。 | トップページ | 県議会の本会議で代表質問が始まりました。 »