« シーアンドレール 官民挙げて構想実現を | トップページ | 第59回 全国植樹祭が正式に決定しました。 »

2008年2月12日 (火)

建国記念の日奉祝大会が開催されました。

秋田県神社庁由利支部の主催による
第27回建国記念の日奉祝大会が開かれ、由利本荘市、にかほ市の神社をお祀りしている人々160人が参集して盛大に開催されました。
Nec_0271 Nec_0272
*
*
*
*
*
*
*
式典の始めには、主催者である秋田県神社庁由利支部の岩月支部長からの挨拶がありました。「今年は西暦2008年ではありますが、神武天皇が初代天皇として国づくりを始めた事を起源とする日本独自の暦では、皇紀2,668年です。日本人はこの暦を歴史の基本として捉えて頂きたい」とのご挨拶がありました。
Nec_0275
*
*
*
*
*
*
私の祝辞は岩月支部長の挨拶を受けて「私は昨年の11月に神武天皇が地上に降り立った宮崎県高千穂町を訪問し、神武天皇のゆかりの地で昼食を取り高千穂神社に拝礼してきました。但し訪問目的は、平成17年の豪雨により鉄橋が流されて廃線となった第3セクター鉄道、高千穂鉄道再開に向けての取り組みについてでした。
(神話の国、高千穂についてはこちらをご覧下さい。) 
 
Nec_0274 一昨年には奈良県の橿原神宮にも訪問して日本の歴史の始まりに触れてきました。橿原神宮には第一代の天皇であり我が国建国の始祖となられた神武天皇と、皇后が祀られています。神武天皇は日向の国(宮崎県)高千穂に居られましたが、天下の政治(まつりごと)を行うべく、東遷の途にたたれました。幾多の困難に遭われましたが、遂に大和の国を中心とした国を平定して、我が国の基をたてられました。
(橿原神宮のアドレスは、こちらです。)

この時を起源に数えられているのが、皇紀2,668年となり、今上天皇、明仁陛下は第125代であり、今年ご即位20年を迎えられる事は国民の喜びとするところです。
日本人はこの様な日本固有の歴史を伝え続けている神道から「自然への感謝の気持ち」を学びました。そしてその後、日本にもたらされた仏教からは「慈悲の心」を学びました。さらにその後に日本に普及した儒教からは「礼節」を学びました。日本人はそれぞれの教えを大らかに受け入れて、日本人独特の精神を作り上げました。
私達は長い歴史から学び、未来へと受け伝えていく事が何よりも大事です。本日ご参集の皆様はそれぞれ地域の神社をお守りしている方々ですので、皆様方こそが地域のリーダーとなって日本人の精神を伝える役目を果たして頂きたい」と申し上げました。
*
「お伊勢さん」の呼び名で親しまれている伊勢神宮は皇室の祖先神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」をお祀りしている神社でご鎮座以来悠久2,000年の歴史があります。 
その伊勢神宮は20年に一度、新社殿を建立し、大御神の新殿へのお遷(うつ)りを仰ぐ大祭である「第62回 式年遷宮」が平成25年に行われます。この行事だけでも1,240年の歴史あり、世界でも例を見ないかけがいのない歴史と伝統を有しています。私達はこの長い歴史を受け継ぎ、次の世代に引き渡す一コマを生きている事なのだとの自覚を持って日々暮らしていきたいものと思います。

|

« シーアンドレール 官民挙げて構想実現を | トップページ | 第59回 全国植樹祭が正式に決定しました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーアンドレール 官民挙げて構想実現を | トップページ | 第59回 全国植樹祭が正式に決定しました。 »