« TDKの本荘工場の建設が進んでいます。 | トップページ | 自民党秋田県連の常任総務会で金田勝年氏を公認申請する事が決定しました。 »

2008年1月 8日 (火)

野呂田衆議院議員が引退を表明し、金田勝年前参議院議員を後継者指名

既にテレビや新聞などで秋田県のトップニュースとして報道されてはおりますが、私のブログには県外からも多数の皆様からの訪問を頂いておりますので、発信させて頂きます。
*
Norota_big_011_2   秋田県衆議院第2選挙区選出の野呂田芳成衆議院議員(78歳)今期限りで政界を引退することを正式に表明しました。平成17年まで自民党に所属していた野呂田先生は地盤を引き継ぐ事実上の後継者として秋田県選出の自民党前参議院議員で外務副大臣を務めて昨年の7月の選挙で3期目を目指しながらも惜敗した金田勝年氏を指名しました。
*
お二人共に私にとっては深いご縁があり、私の政治活動を続けている現在までも親しくご厚誼を頂いております。
*
Img21_2 野呂田先生は今から30年前の昭和52年7月に、旧建設省 文書課長の職を退職し、自民党の公認候補として、秋田県全県選挙区から参議院議員に初当選しました。
この年の4月に私は53歳の若さで父を亡くし、祖父が創業した建設業の3代目を25歳の若輩ながら代表者として引き継いでおりました。
その建設業と関連するコンクリート製品販売会社を母が経営しておりました。
コンクリート製品は東北で最大の製造会社であり酒田市に本社を置く前田製管株式会社の由利本荘地区販売を任されておりました。その縁を持って私は大学卒業後2年間の社会修行として前田製管株式会社に入社させて頂き、U字溝やヒューム管、コンクリートパイル、コンクリート橋桁などの製造を一通り経験させて頂きました。
創業社長の前田巌氏は、酒田市商工会議所会頭も務められ事業創業から発展について今でも山形県酒田市では勿論の事、東北地区においても経済界では高い評価を受けております。
山形県の第2空港となった庄内空港誘致活動の際には高齢でありながらも商工会議所会頭として自らJR酒田駅前で寒空の中を街頭募金に立ったという逸話は今でも酒田市で語り継がれています。
合わせて山形県議会議員も長く務められて議長の要職にも着かれました。
その前田巌氏が山形県議会議長だった時に旧建設省から出向されて、山形県の土木部長に就任されていたのが若き日の野呂田芳成先生だったのです。
*
野呂田氏の出馬表明を受けて、前田巌氏は「これは天下の一大事」とばかりに秋田県内の自らが経営する前田製管の工場を訪問して、野呂田氏への支援拡大の檄を飛ばしました。
勿論私の所へも連絡があり、野呂田氏が本荘に来る日に合わせて、私と母を引き連れて「由利本荘地区はこの人達が支援するので何でも言いつけて下さい」と紹介されたのが今から30年前の野呂田先生と私の出会いです。
私もご恩のある前田製管の社長からの要請でもあり、自ら建設業を経営している者としては、建設省出身者は最も頼りになる候補者だとお見受けして、パンフレット配りやポスター貼り、演説会場の設営、遊説コースの下見、地元での応援演説など初めて大きな選挙活動に参加をし、貴重な経験をさせて頂きました。その後私が政治の世界に入ることなど考えもしていない頃です。
Img41 野呂田先生参議院議員1期6年を務められて、昭和58年には衆議院議員秋田県第2区に鞍替えし、連続当選8回を重ねました。その間平成7年には農林水産大臣として初入閣し、平成10年には小渕内閣で防衛庁(当時)長官に就任、改造内閣でも再任されて、3度の入閣を果たされております。しかし残念ながら平成17年の前回衆議院選挙では郵政の民営化に最後まで反対し、無所属で出馬して8回目の当選をされたのでしたが、その後自民党からは除名処分を受けてしまいました。
郵政造反組で無所属で当選した元自民党議員は13名おりましたがその後安倍晋三総裁の要請により11名が自民党に復党し、現在も無所属のままで国会議員として活動しているのは、平沼赳夫元経済産業大臣と野呂田先生と2人だけとなっております。
*
初めて出会ってから13年目の今から17年前に私が県議会議員の自民党公認候補者として立候補を表明した時には野呂田先生からは「佐藤君、きっと君が立候補するだろうと思っていたよ、必ず勝ち上がって来いよ」と励まされたのでした。
自らは自民党から除名処分を受けた事の恨み言を一言も言わずに、自民党秋田県連顧問の金田勝年氏を後継指名しながら、「後継者の活動期間が必要だから今だと判断した」と、解散時期が未だ不明確な現時点で引退表明された野呂田先生の潔さに感銘し、これまでのご指導とご厚誼に深く感謝をするものです。
*
衆議院議員 野呂田芳成先生のホームページはこちらです 
*
 
明日は後継者指名された前参議院議員・外務副大臣経験者の
金田勝年氏との出会いから今日までをご報告致します。

|

« TDKの本荘工場の建設が進んでいます。 | トップページ | 自民党秋田県連の常任総務会で金田勝年氏を公認申請する事が決定しました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TDKの本荘工場の建設が進んでいます。 | トップページ | 自民党秋田県連の常任総務会で金田勝年氏を公認申請する事が決定しました。 »