« 自民党の議会運営委員会議を行いました。 | トップページ | 由利本荘市社交飲食同業組合の新年会に参加しました。 »

2008年1月20日 (日)

寒波が居座り大雪になりました。

Nec_0139_2 13日から寒波が居座り大雪になりました。我が矢島町は鳥海山(標高2,236m)の麓の町です。毎年雪は多く降る所ですが13日から連続7日間の降雪は大変です。我が家の庭の松の木達もすっぽりと雪の帽子をかぶって枝がしなり重そうです。

夕方から我が家の前の道路の除雪作業がありました。轟音を立てながら大型ドーザーが路面の雪をはがし、ロータリー車でダンプに積み込んで雪捨て場に運びます。

Nec_0136 Nec_0137

*

*

*

春になれば溶ける雪なのに、雪国ではこの除雪作業がなければ生活は麻痺します。除雪隊の皆様に「ご苦労様です」と声を掛けた所、「連日寝る暇もない程の出動なので体がクタクタです」との答えでした。本当にご苦労様です。

Nec_0135 Nec_0138

*

*

*

道路はこの様に大型機械で除排雪されますが、各家の前に押し上げられた雪を処理するのは各自の責任です。

Nec_0141幸い私の町は川の水をうまく配水して雪を投げ入れる「流雪溝」を早くから敷設しましたので、市街部の「流雪溝」がある地域の方は各家々の出入り口付近にある投入口から水路に落とすと片付きます。しかし流雪溝は上流側に設置された配水ますの開口部を開閉しながら流入時間を割り当てる為に、枝線の多い所では指定時間が30分程の短時間の所もあります。しかも午前5時から30分間などのローテンションに当たった時はとても大変です。早起きをし、短時間に集中して作業をしなければなりません。流雪溝のない地域では家の出入り口の雪を道路向かいや数十メートルも離れた空き地等までスノーダンプで運ばなければなりません。

 雪処理は本当に重労働です。 このブログを見ている南国の皆様にはあまりご理解されない事でしょうね。

|

« 自民党の議会運営委員会議を行いました。 | トップページ | 由利本荘市社交飲食同業組合の新年会に参加しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党の議会運営委員会議を行いました。 | トップページ | 由利本荘市社交飲食同業組合の新年会に参加しました。 »