« 平成20年の謹賀新年 | トップページ | 由利本荘市の消防出初め式が開催されました。 »

2008年1月 5日 (土)

由利本荘市商工会の新春商工パーティー

私の地元の由利本荘市の商工業者数は3,730名、その内商工会加入者は2,024業者秋田県では最大の商工会であり、全国でも5番目の会員数を誇っております。その新春商工パーティーが開催されました。
Nec_00691
冒頭に村岡商工会長から「国・県共に厳しい財政状況にありますが平成20年度の商工会関連予算は増額されております。その期待に答えるべく我々はそれぞれの企業努力を続けましょう」とのご挨拶がありました。

続けて4人から祝辞が述べられました。
まず最初には柳田由利本荘市長からの祝辞でした。
「私達の由利本荘市は昨年高速道路が開通し、TDKの新工場が建設されており、必ずや明るい希望を持って地域づくりに励みましょう」との祝辞でした。

続けて由利本荘市商工会の顧問であります、
元官房長官の村岡兼造先生からの祝辞がありました。「秋田県立大学の本荘キャンパスが作られる時に当時の佐々木知事と5時間にわたる議論の上に、大学の分散設置を決断させて本荘キャンパスが実現しましたので、これからも市民が皆こぞって大学を支援して、活用しましょう」とのご挨拶がありました。
3番目は4人の県議会議員を代表して私が祝辞を申し述べました。

は市長の祝辞を受けて「高速道路の開通とTDKの新規工場が建設される事は私達の地域の明るい希望です」と述べた後にTDKが本荘工業団地に進出する事が昨年の3月に県庁で記者発表が行われました。
その時に記者から「日本国内はもちろん、世界の何れの地域にも新工場が建設できるTDKが本荘に新工場を建設する事になった最大の要因は何ですか」との問いに対してTDKの秋田地区総務部長は即座に「由利本荘地区にはTDKが必要としている優秀な人材が確保できる地域だからです」と答えられました。私はその言葉に感動しました。地球規模で事業展開しているTDKが私達の地域をその様に評価していてくれていた事を喜び、そして自信を持ちました。
1,400名が雇用される計画であるTDKの新工場建設については私のブログの7月8日9月25日に説明しておりますのでご参照下さい。
更に重ねて秋田県が世界の最先端技術を開発し実用化した「垂直磁気記録」についても報告申し上げました。今日の社会には無くてはならないパソコンにおける記録装置の画期的な技術です。それは今から15年前に東北大学の岩崎教授が理論構築され「その実現を目指す研究機関を作ってもらいたい」という要望と秋田県でも「将来に希望のもてる技術を作り上げたい」との思いが合致して、「秋田県高度技術研究所」が設置されました。高度技術研究所は秋田県が55億円を投資して建設され、全国から優秀な専門研究者25人を集めて15年の歳月を費やして昨年やっと実用化になりました。
少し専門的になりますが秋田県高度技術研究所で研究されておる内容はこちらをご覧下さい。
  
高度技術研究所を作るか否が県議会でも議論された当時、この技術の発案者である岩崎教授から直接その説明を受けた事がありました。岩崎教授は「現在の磁気記録の方式は磁石の基本である棒磁石のN極とS極を水平に並べています、例えると寝台列車で人を運んでいるような方法です。これを山手線のようにN極とS極を立たせて運ぶような方式です」その説明を聞き、とても解りやすく理解をする事が出来ました。
それが昨年日立製作所との共同開発で実用化のされて一躍脚光を浴びています。
その内容は日立製作所のこちらをご参照下さい。
その特許権を秋田県が売却する事とした所、いち早く高い評価額でTDKがその取得を申し出て昨年の12月県議会に議案として諮られて、議会を挙げて賛意を表明し議決されました。
先月、その高度技術研究所の工学博士の山川清志主席研究員と懇談した時に「平成20年以降に発売されるパソコンは間違いなく全て垂直磁気記録が採用されます」と断言されました。
そして「世界に先がけて秋田県で生まれたこの技術の特許が秋田県で創設されたTDKが取得して今後更なる活用が拡大される事は私達にとっても嬉しい事です」とお話しされて下さいました。
今後も秋田県で誕生したこの技術が世界の情報化に貢献される事を思うとワクワクするような希望が湧いてくる様な気が致します。
Nec_00701 Nec_00721
*
*
*
もちろんパーティーは和やかに進行し、中Nec_00741 締は私の地元矢島町選出で私の後援会事務局長を務めて頂いております由利本荘市議会議員 産業経済委員長の土田與七郎市議の発声で参会者が今年の発展の希望を込めて万歳三唱で締めくくられました。 

|

« 平成20年の謹賀新年 | トップページ | 由利本荘市の消防出初め式が開催されました。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成20年の謹賀新年 | トップページ | 由利本荘市の消防出初め式が開催されました。 »