« 叙勲祝賀会が開催されました。 | トップページ | 秋田県のIT事情 (後編) »

2007年12月25日 (火)

クリスマスイブはホテルでディナー。

クリスマスイブは妻と二人、ホテルで静かな夕食を取りました。
昨年までは孫がおりましたので賑やかでしたが、今年は静かなクリスマスでした。
夕食に出かけたのは自宅から15分の位置にある「ホテル フォレスタ鳥海」です。

このホテルは秋田県でも屈指の観光エリアである「鳥海山麓地区にハイグレードなホテルがほしい」と、私の地元である旧鳥海町が県に強く要望して建設されたホテルです。
このホテルは平成3年に私が県議会議員に初当選した時から、時の町長さんから強く要望され、その実現に向けて基本計画や場所、規模、グレード等について私も参画して検討が重ねられて、平成9年にオープンして今年が10周年になります。
Nec_0059 ロビーには「ありがとう10周年」とプレートをつけたクリスマスツリーが飾られておりました。

平成3年と言えば日本全体がバブル時代の最終期でしたのが、その余韻が残りホテルのグレードは1泊2食付きで一人20,000円を想定した基本計画でした。基本計画を進めている間に徐々にバブルがはじけて景気は下り坂でしたが、基本計画は変えずに進められた為にとてもグレードの高いリゾートホテルとなっています。建築本体工事費が36億円で総事業費が41億円でしたので、10階建て程度のビジネスホテルだったら2棟も建設できる事業費です。
樹齢100年から200年のブナの森の中に作られており、全客室から鳥海山が真っ正面に見られる様に建てられております。更に客室の窓枠は天然木を使用しており、視線を合わせると額縁にすっぽり入った鳥海山の絵を見ているように眺める事が出来ます。現在は一泊2食付きで12,000円~17,000円程度に抑えてありますが客室の作りはハイグレードです。
大浴場は天然温泉の源泉掛け流しで、ツルツルしたお湯で皮膚病には効果満点です。
私の子供達も小さい頃、夏に「あせも」が出来るとすぐここの温泉に連れて行って入浴するとすぐに治ってしまう程の効能を体感しております。
今年の10月に登山が趣味の皇太子殿下がプライベートで鳥海山登山を希望して、このホテルに2泊して登山を楽しまれました。前日まで雨が降り、登山当日は是非晴れてほしいと祈っていたところ地元の願いが叶い、登山当日は晴れ上がり登山をする事が出来ました。
お昼のニュースで登頂された皇太子殿下の様子が映し出されたところ、眼下に雲海がたなびき、遠望に男鹿半島や栗駒山脈などが見えてとても爽快な登山の様子でした。車で行く事が出来る駐車場から頂上まで3時間半で登頂された事を聞いて、皇太子殿下は健脚だなあと感心しました。
プライベートな旅行との事ではありましたが、翌日の訪問先については事前に町民に知らされておりましたので、私の妻も我が矢島町にある国指定文化財である茅葺き農家の「土田家」の入り口付近で多くの住民の皆様と一緒に「1時間も待機して車で通過する皇太子殿下に手を振ってきた」と喜び勇んで私に報告があったのでした。

|

« 叙勲祝賀会が開催されました。 | トップページ | 秋田県のIT事情 (後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叙勲祝賀会が開催されました。 | トップページ | 秋田県のIT事情 (後編) »