« 定例県議会の10日目、分科会報告がありました。 | トップページ | 日沿道の建設促進フォーラム »

2007年12月16日 (日)

自由民主党鳥海町支部 党員・党友交流懇談会

表記の会が鳥海町町民センター紫水館で開催されました。

Nec_0043私の地元である自民党鳥海町支部はこれまでも各種の選挙で圧倒的な自民党票を獲得する支部として平成12年には党本部から優良支部として表彰された実績を持っています。
もちろん自民党所属議員である私の選挙では毎回支援して頂く中核的な組織です。
*

この春に役員改選があり長らく支部長であった方が勇退され、新しい支部長の下に活動が始まりました。その際に新しい活動方針として、自民党秋田県連規約にある「50人以上の党員の所属する支部を県連公認の支部と認める」との基準を満たす為に「新規党員拡大に全力を挙げる」と宣言されました。それまでは地元支部運営活動費だけ、年会費1,500円を徴収する党員は50人を超えていたのですが、正式な党員登録、年会費4,000円を徴収している党員は20名程度だったのでした。しかしその目標に向かって新支部長はじめ役員が積極的な会員勧誘が功を奏し、党員67名まで拡大する事に成功したのでした。
*
正式支部として認められれば自民党本部組織から活動費補助金が交付されますし、そして何よりも優秀党員表彰を申請する事が出来ます。
この会員拡大活動の目的の一つには党員50名を確保し正式承認支部となり、これまで長い間支部長を務められた前支部長を是非「優秀党員表彰」を受賞したいという目的もあったのです。目標とする50人を超えた事により晴れて前支部長を優秀党員として推薦申請をする事が出来ました。しかしながら申請期限の時点では全県から12名の申請があり、その方達を秋田県連の党規委員会で活動実績を審査して、秋田県の割り当て人数の5人の方に絞り込み申請をしたところ、つい数日前に党本部から内定の通知をもらったところでした。正式には来年1月17日に東京で開催される自由民主党全国党大会で受賞されます。見事党員拡大と優秀党員表彰を受賞できたのは偏に新会長はじめ役員の積極的な活動の結果であると深く敬意を表するところです。
Nec_0042
この会の開会に当たり、冒頭に新支部長のご挨拶があり上記の内容の報告と協力感謝のご挨拶がありました。
続けてご案内を受けておりました私と次回の衆議院議員選挙に立候補する決意を固めている村岡敏英氏と今年の7月まで参議院議員を2期12年務められ、残念ながら3期目の選挙で落選した金田勝年氏の代理出席された秘書の石田氏からお祝いの言葉を申し述べました。その後懇親会も行われ和やかな懇談が続きました。
自民党鳥海町支部の皆様には今後もふるさと発展の為の積極的な活動をご祈念すると共に私も全力で連携し活動したいものだと決意を新たにした次第です。

|

« 定例県議会の10日目、分科会報告がありました。 | トップページ | 日沿道の建設促進フォーラム »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定例県議会の10日目、分科会報告がありました。 | トップページ | 日沿道の建設促進フォーラム »