« 被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案、が成立しました。 | トップページ | モンゴルの子に夢を »

2007年11月24日 (土)

比内鶏に関する県認証制度

以下の内容が秋田県「比内地鶏」の表示問題に関する秋田県対策本部から送られてきましたのでお知らせ致します。
*
〇偽装問題で失われた信頼を早期に回復するため、消費者の安心のよりどころとなる制度とする。
〇県の認証は、日本農林規格(地鶏JAS)以上の厳しい基準により生産された比内地鶏の肉・卵及びその加工品を対象とする。
〇素雛供給、生産、処理、加工製造等の各段階において基準を設け、その基準に合致するものを認定する仕組みとする。
〇できるだけ早期にDNA識別が可能な体制を構築する。
*
基本スキーム(案)
生産・管理に関する基準
① 素 雛 :秋田比内鶏(雄)とロード種(雌)の交配による一代交雑鶏
②飼育期間:ふ化日から 雌 150日齢以上 
                        雄 100日齢以上
③飼育方法:28日齢以降は、平飼いまたは放し飼い
④飼育密度:28日齢以降は、1㎡当たり5羽以下
⑤出 荷 :雄・雌を区分表示すること
⑥飼養管理:県が定める「比内地鶏飼養管理マニュアル」に基づき、適正に使用すること
*
比内地鶏の説明はこちらをご覧下さい。

|

« 被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案、が成立しました。 | トップページ | モンゴルの子に夢を »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

比内鶏に関する県認証制度に関連して
今朝のNHK「ほっとモーニング」でケージ飼育の佐藤さんの苦渋が放送されていました。
県農政部門のブランドイメージ向上策は理解はしますが、放し飼いは鳥インフルエンザには対応できず
発生したら秋田比内鶏は全滅です。

今回メールをしたのは佐藤さんを応援したく思ったのですが住所電話番号が判らないため、先生にお願いしようと思った次第です。
佐藤さんへの提案
1.ブランド名を「さとうさんの比内鶏」とすること。
2.取引先に今朝の「NHKほっとモーニング」をDVDにして送る。

投稿: 井上 豊 | 2008年1月29日 (火) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案、が成立しました。 | トップページ | モンゴルの子に夢を »