« 県議会・建設交通委員会の県内調査 3日目。 | トップページ | 道路特定財源について考えます。 »

2007年11月11日 (日)

我が母校、秋田県立本荘高等学校同窓会創設百周年事業が行われました。

200711101241000 一連の事業の始めには、本荘文化会館に於いて記念式典が行われました。
校歌を斉唱した後に、同窓会活動の功労者表彰がありました。
地元の本荘同窓会の歴代会長を始めとして、東京同窓会長や関西支部長、北海道支部長、更には仙台支部長や庄内支部長も同窓会功労者として表彰されました。
200711101254000 続けて村岡淑郎同窓会長の挨拶や、猪股春夫百周年事業記念実行委員長のご挨拶がありました。
そこでは、秋田県では高校創立は秋田高校が最も早くて、続けて大館鳳鳴高校、次に横手高校、そして本荘高校と4番目に創立されましたが、同窓会は第1期生が卒業と同時に「母校の発展に寄与する事を目的とする」との規約を掲げて、県内第1号の同窓会が創設されました。そして本年百周年を迎えたのでした。同窓生でもある柳田弘由利本荘市長太田宥子秋田県教育委員長の祝辞を頂きながら式典を終了しました。
*

引き続きその会場で、同窓生でもあり母校で教鞭を執られた江幡勝一郎先生の記念講演がありました。同窓会を創設した第1期生の気概などを御講話下さいました。
*
200711101558000 その後は会場をホテルアイリスに移して、記念祝賀会が始まりました。
冒頭には同窓生である、三浦きり子社中による箏曲が、琴・三味線・尺八・和太鼓・鈴・鐘・等が見事なハーモニーを見せる演奏をされて日本文化の一面を堪能しました。続けて同窓会長と実行委員長のご挨拶に続いて、学校長がご挨拶、そして来賓祝辞として県議会議員4人を代表して、私がお祝いのことばを申し上げました。祝辞の骨子は 百周年をお祝い申し上げますと共に同窓生として大きな喜びを感じております。同窓会功労者として表彰を受けられた皆様に対しましては、衷心より敬意と感謝とお慶びを申し上げます。そして私たち同窓生は同窓会創設時に掲げた「母校の発展に寄与する」との目的を忘れることなく、引き続き本荘高200711101758000校の発展の為に努力をしましょう、とお祝いを申し上げました。
その後の祝宴は、時間が経つのを忘れる程の大盛会になりました事をご報告申し上げます。

|

« 県議会・建設交通委員会の県内調査 3日目。 | トップページ | 道路特定財源について考えます。 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会・建設交通委員会の県内調査 3日目。 | トップページ | 道路特定財源について考えます。 »