« 地元の企業、三栄機械さんを訪問しました。 | トップページ | 紅葉の十和田湖 (前編) »

2007年10月20日 (土)

秋田中央自動車道路の利用状況。

さる9月15日に開通した秋田駅の東西を結ぶ地下自動車専用道路である
秋田中央自動車道路の利用状況を調べて頂きましたので、皆様に報告いたします。
議員活動をサポートしてくれる議会事務局政務調査課を通じて問い合わせていたところ、所管課である秋田県建設交通部の都市計画課から次の通り回答を頂きました。
 (9/16~10/15の実績)

               旭北側 中央街区ランプ 駅東側
 1日当たり平均台数 16,903     2,196       19,099
 平成22年予測値   26,200     1,200     27,400


※ 交通量は秋田県警察本部から提供された24時間交通量
※ 予測値については、次の路線が供用していることを前提
  ・千秋広面線(秋田大学入口交差点~千秋トンネル入口交差点)
  ・秋田環状線(千秋トンネル入口交差点~広小路交差点)
  ・川尻広面線(五丁目橋~新国道交差点)
  ・新屋土崎線(山王十字路交差点~茨島交差点)が4車線
  ・千秋山崎線が供用

明田地下道、手形陸橋の混雑緩和状況について

開通直前(9月6日)の台数
  手形陸橋  明田地下道  小 計  秋田中央道路  合計台数
   19,000    20,700  39,700     -       39,700
開通直後(9月19日)の台数
  手形陸橋  明田地下道  小 計  秋田中央道路  合計台数 
   15,300    17,600  32,900    15,100     48,000

※  交通量は7時から19時までの12時間交通量で、
   秋田中央道路は秋田県警察本部から提供されたもので、他は実測値です。
新規に整備された中央道路に 1日 15,000台の通行があり、更に全体通行も増えています。
200710170907000 これまで朝夕の慢性的渋滞が発生していた、明田地下道と手形陸橋については、「明らかに混雑が緩和されているという実感があります」とここを利用して通勤している人が話しておりました。
またこの中央道路の効果により秋田市南大通りの朝7時30分から9時までの一方通行を11月1日から解除する事を県警が発表しました。
この事に関するさきがけ新聞の記事はこちらです。 
  200710170914000
この大事業については反対の意見もありましたが、私は採択すべきと賛成した一人として、社会資本整備、公共事業がまさに目的を果たし歴然とした効果が現れて嬉しいです。
私たちの地域のようにまだ道路整備が必要な地域にとっては、道路建設事業を目的とした道路特定財源の一般財源化には続けて反対して参ります。

|

« 地元の企業、三栄機械さんを訪問しました。 | トップページ | 紅葉の十和田湖 (前編) »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元の企業、三栄機械さんを訪問しました。 | トップページ | 紅葉の十和田湖 (前編) »