« 由利本荘警察署の新築工事が始まりました。 | トップページ | 我が家の柿の木が豊作です。 »

2007年10月14日 (日)

私の高校恩師、猪股哲雲先生が文部科学大臣表彰を受賞しました。

私の高校1年生の時の担任の先生でありました、猪股哲雲先生が長年にわたる定時制教育のご功労が認められて、文部科学大臣表彰を受賞され、祝賀会が開催されました。200710131405000

猪股先生は駒澤大学文学部を卒業後、東京都の教員試験に合格し、江東区立砂小学校の先生として教育活動を始められました。その後まもなく地元の本荘高等学校の教諭として勤務せられましたが、家業である僧職を継ぐ為に依願退職されました。しかし、5年後には秋田県立本荘高等学校の定時制課程の講師として教職に復帰しました。その後全日制課程の教諭として青少年の教育にあたられました。

猪股哲雲先生と出会いましたのは今から40年前、本荘高校に入学してまもなく高校一年生の担任の先生でした。猪股先生は伸び盛りの私たち一人一人の個性を認め、伸び伸びと学び成長する事を指導して頂きました。深い愛情を感じられる先生でした。私にとっては心に残る大事な恩師でありましたので、結婚式にもご案内を差し上げましたところ、ご都合をつけてご出席頂きました。そしてその時、餞の言葉として禅宗の言葉に「逢いがたくして逢う事を得たり」と言う言葉を頂きました。その意味するところは「広い世の中で大事な人と巡り会う事は大変難しい、しかし今その巡り会いがあったのでそれを大事にしなさい」との言葉でした。私はこの言葉を、書道家の後藤竹清先生に依頼し色紙に揮毫して頂いて、額に入れ自宅の私が毎日見上げる壁に掲載しております。私たち夫婦は猪股先生からの「この出会いを大事にしなさい」との言葉を心の支えとして結婚30年を迎え、子供も3人、孫一人に恵まれました。猪股先生とは担任して頂いたその時以来40年間、私は私の大事な恩師として今日までお付き合いをして頂き有り難い事だと思っています。

200710131424000 近年は毎年、本荘高校の同窓会などでお元気な姿を拝見し嬉しく思っておりました。この度の受賞は長らく多くの若者に教育の充実を図り、定時制教育の振興発展にご尽力された功績によるものとお伺いし心から喜んでいるものです。200710131443000

猪股先生におかれましては、今後も益々ご健勝で私たち教え子や、後輩の活動にアドバイスを頂ければ幸いです、と今一度この度の受賞を心からお祝い申し上げますとお祝いのことばを述べさせて頂きました。最後に今一度参加者全員による万歳三唱でお祝いの会を締めくくりました。

200710131525000

|

« 由利本荘警察署の新築工事が始まりました。 | トップページ | 我が家の柿の木が豊作です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由利本荘警察署の新築工事が始まりました。 | トップページ | 我が家の柿の木が豊作です。 »