« 県議会の総括審査。 | トップページ | 9月定例県議会が閉会。 »

2007年9月21日 (金)

県議会で自民党が単独過半数。

Dsc_0360  今月5日から始まった9月定例県議会も終盤となった。これまで議論された事に結論をだす最後の委員会が開かれました。私の所属する自民党会派では今回上提された議案の内、森林環境税は6月議会に続き継続審査とする。国際教養大学の体育館建設設計費は事業縮小する事を前提に予算を修正削除する事と決定した。その意思は賛成多数で決定された。

我が県の知事は反自民で当選し、現在3期10年目だ。これまで多くの事柄で対峙する事があった。当初は自民党の多数により、多くの修正により県政を進めていたが、今から6年前に自民党の5人が脱退し知事寄りの会派を結成した。それ以来自民党は単独過半数を割り、会派の意見は通らない事が多多あった。当時政務調査会長だった私も何度か議案の修正案を提出し登壇したが賛成少数で否決された苦い経験を持っている。しかしこの春4月の選挙で自民党公認候補及び無所属で当選し、その後入党した議員を含め、総員45人中23人の単独過半数を得た。その為私達の意見が多数を持って可決される様になった。今回の議会ではつくづく過半数は有り難いと思った。         

豪雨被害についても報告します。

県の対策本部のまとめによると、更に被害の拡大が確認されている。死者  1名、行方不明  1名は変わらないが、床上浸水が  527棟、床下浸水が900棟で秋田名産の比内地鳥16,800羽が水死し、土木被害は31億円と確認された。県内で最も被害を受けた北秋田市の岸部市長は県と連携を取り、国に対し激甚災害の認定を求めるとの事です。

私の地元の由利本荘市長は現地調査に来秋した、自由民主党の政務調査会長の石原伸晃氏と秋田空港で面会し、被災状況の説明と復旧要望が出来たとの事でした。由利本荘市の柳田市長から私に「一早い情報とアドバイスをを頂き有り難う、お陰で石原政調会長に要望が出来ました」とお礼の電話がありました。良かった。私も県対策本部に対し、地元は勿論、県内の災害復旧の要望を続けて参ります。

|

« 県議会の総括審査。 | トップページ | 9月定例県議会が閉会。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会の総括審査。 | トップページ | 9月定例県議会が閉会。 »