« 自民党総裁選挙の秋田県連の開票開始 | トップページ | TDK新工場の建設が本格化。 »

2007年9月24日 (月)

総裁選挙の秋田県連での開票状況。

総裁選挙の秋田県連での開票状況。

昨日、自民党の総裁選挙において秋田県連では予備選挙が行われ、投票総数などはお知らせしましたが、内訳と開票状況をお知らせ致します。秋田県連の予備選挙の結果は 

福田 康夫氏が 4,124票  

麻生 太郎氏が 4,127票 

その差わずか 3票差で麻生氏が上回りました。

開票作業を進めて最終枚数を数え上げた時に村上事務局長が 「あッ たった3票差で麻生さんです」と驚きの声を上げました。立ち会っていた私たちは「え~たった3票差だって」と驚きました。投票総数が8,251票もある選挙でわずか 3票差の僅差とは驚きました。

麻生氏が上回った事を驚いたのではなく、たったの3票差という現実に驚いたのです。そこで、万が一間違いがあっては、秋田県連の持ち票の2票対1票の割り当てが逆転する事もあるので、「これはみんなで再確認しよう」と云う事になり選挙立会人が全員で再確認の作業をし直しました。やはり間違いはありませんでした。「選挙ってこんな事があるから怖いよなあ」と話し合いながら、麻生太郎氏へ 2票、福田康夫氏へ 1票を総裁選挙の本選挙で投じる事を決定したのでした。非常に緊張した選挙開票作業でした。

9月17日の豪雨による被害状況について報告いたします。
秋田県災害対策本部、23日17時30分現在のまとめによりますと、
床上浸水 506棟、
床下浸水 736棟、
非住家の公共建築物被害 55棟、
その他の建物 952棟。
農林水産被害額 27億8,000万円、
公共土木施設被害 370箇所 50億1,000万円
と報告がありました。

|

« 自民党総裁選挙の秋田県連の開票開始 | トップページ | TDK新工場の建設が本格化。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党総裁選挙の秋田県連の開票開始 | トップページ | TDK新工場の建設が本格化。 »