« 我が町の美酒天寿が米国へ輸出。 | トップページ | 矢島八朔(はっさく)祭り »

2007年9月 8日 (土)

地元、本荘市のホテルアイリスが増築

200709071752000 いつも会議や祝宴などで利用していた市内最大のホテルアイリスが増築し、9月10日から開業します。それに先がけて、今日7日に内覧会がありました。私たち県議や市長や副市長、病院院長など15人がお招きを受けて新館(東館)を見せて頂き祝賀の酒宴がありました。由利本荘市のど真ん中に10階建ての新しいビルの誕生です。10階の最上階には展望レストランがあり、西側には夕陽が沈む日本海が一望出来、北側には新山神社が見えて、東側には県立大学と高速道路が見えました。廊下を隔てた南側の小宴会場からは「ふるさとの自慢の山、鳥海山」が眺望出来ます。 展望レストランでは地元の特産「由利牛」と酒田の平田牧場が作る「三元豚」が味わえます。今から約20年前に立てられた本館は20億円でしたが、今回の増築部分は15億円を投資されたそうです。部屋数はこれまでの52室に加えて76室が追加になりトータル128室となりました。

スイートルームの壁には今日の日本画家の最高峰である平山郁夫氏の一番弟子である高橋新三郎氏の絵が掲げられておりました。特筆すべきは一階に「地域の美術館」が作られたことです。ホテルの公共性を発揮すべく無料で美術画や彫刻が見られます。本荘に新たな自慢が出来たという感じです。詳しくは、こちら をご覧下さい。

|

« 我が町の美酒天寿が米国へ輸出。 | トップページ | 矢島八朔(はっさく)祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

合併してから旧本荘市のみが恩恵を受けてるように見えます。

何でのもかんでの旧本荘市集める事はおかしいです。

多少不便で地域全体が良くならないと駄目です。

今、今後、財政が苦しいのに無駄が金を使うは今後の

若い世代に入らない負担を残すようなものです。

合併したのは何故だか。原点に返ってしっかり行動して

して下さい。

投稿: やじろべい | 2007年9月15日 (土) 10時50分

やじろべいさん。
コメントを頂き有り難うございました。
このホテルアイリスの増築事業は民間投資事業として行われたものであり、公共の財源は一切投入されてはおりません。
県や市の厳しい財政運営については十分にその効果などを検証して投資するように考え、取り組んで参ります。
市町村合併については、その効果が最大限に発揮出来るように一極集中にならないように周辺町村への気配りが大切だと私も考えております。

投稿: 佐藤 健一郎 | 2007年9月16日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が町の美酒天寿が米国へ輸出。 | トップページ | 矢島八朔(はっさく)祭り »