« 自民党秋田県連で豪雨災害の現地調査。 | トップページ | ダリアの花が今見頃です。 »

2007年9月27日 (木)

実りの秋、米の収穫が最盛期。

200709241428000 大雨から一週間が経ち、天気も晴れ上がって、米の収穫が最盛期を迎えています。
「今年の出来は如何ですか?」と聞いてみたところ、「走り回ってもタンクにたまる分量が少なくて、やや不良と感じるなあ」との答えが帰ってきました。

*

私の住む由利本荘市でも農作業の効率化と合理化の施設として、籾乾燥貯蔵施設(カントリーエレベーター)が出来てから、この様な光景が多く見られる様になりました。田んぼの大型コンバインから籾受け台を設置した軽トラックに直接排出し、その軽トラックでカントリーエレベーターまで運び籾をザーと下ろしておしまいです。
このカントリーエレベーターの無い地域では、まだ各農家毎に小屋に乾燥機を設置して各自乾燥作業をして出荷します。

由利本荘市では最初に由利地区が秋田県の先鞭をつけて平成6年に設置しました。200709241435000_2

事業費は約10億円でした。

 (由利地区カントリーエレベータ)⇒
翌平成7年には大内地区に設置、更に翌平成8年には本荘地区に設置されました。
いずれも貯蔵保管量 3,000トンのタイプです。
ふるさと自慢になりますが我が由利本荘市の米は品質が良いと評価され、このカントリーエレベーターのタンク毎に買い手がつき、昨年まで売れ残しが出た事はありません。200709241444000

  (本荘カントリーエレベーター)⇒
冒頭「やや不良かな」との手応えを聞いた農家の言葉はちょっと気になりますが、今年も良い米が取れ、嬉しい出来秋となる事を期待しています。

|

« 自民党秋田県連で豪雨災害の現地調査。 | トップページ | ダリアの花が今見頃です。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党秋田県連で豪雨災害の現地調査。 | トップページ | ダリアの花が今見頃です。 »