« 矢島八朔(はっさく)祭り | トップページ | 定例県議会で一般質問が始まりました。 »

2007年9月10日 (月)

これが矢島のお祭りです。

Dscn7151 今日(9日)は矢島の祭典です。
400年以上の歴史と伝統を持つ矢島神明社の祭典です。
今年はその神明社の大屋根が老朽化したものを修復しようと篤志を求めたところ、町内外から沢山のご賛同を頂き、約1千50万円の寄付が集まり、立派に修復され、来る20日に竣工式を迎えます。
お祭りの始まりは町内 6丁の若者の手作りによる飾りをつけた山車を作り引き回し、小・中学校の子供や若者が舞い踊ります。
お盆を過ぎた頃から練習が始まり、町のあちらこちらからピーヒャラ、ドンドコと練習の音が聞こえ始めます。
踊りもみんな真剣に練習します。
Dscn7119
我が家の前を通過する山車です。
*
*
*
Dscn7126 
Dscn7123館町の山車と恒例の連獅子
他町内は、CDを使った音楽をスピーカーで流し、オリジナルの振り付けを毎年考案し踊りますが、館町だけは、生の笛で踊ります。
幼い子供たちには、怖がられる存在ですが、カメラマンにとっては人気の高い町内です。
**
Dscn7133 *
大勢のカメラマンに囲まれ、孫がにわかにモデルとなった瞬間です。
プロもしくは、アマチュアカメラマンが年々増えていることは、矢島住人にとっては、誇らしいことでもあります。
*
*
*
*
昨年の様子はこちら   写真や動画もご覧頂けます。
例年ですと玄関にのれんを張って、提灯を吊し、テーブルを出して踊りで汗だくの若者達や道行く人々に冷たいビールやジュースを振る舞っているのですが、今年我が家は8月の母の逝去より喪中のために、玄関飾りなどはしていません。
27a 仮装踊りと飾った山車の後、しばらくすると神様を乗せた御輿が町内を歩きます。
前ぶれの太鼓が 「ドーンドーン、カッカッカッ・ドンドンドーン、カッカッ」 という音を聞くとみんな家の前に出て御輿に拝礼します。
矢島小学校のホームページに掲載された「矢小だより」にも「この「八朔祭りについて」の学習の様子が掲載されてありましたのでこちらも紹介いたします。
写真を沢山載せましたのでしばし矢島の祭りをお楽しみ下さい。
Dscn7115 Dscn7120 Dscn7135 Dscn7142 Dscn7146 Dscn7165

|

« 矢島八朔(はっさく)祭り | トップページ | 定例県議会で一般質問が始まりました。 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

ハチブンブンとジジ、似すぎで微笑ましいです。

投稿: Cana | 2007年9月11日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢島八朔(はっさく)祭り | トップページ | 定例県議会で一般質問が始まりました。 »