« 大雨で秋田県の被害が甚大。 | トップページ | 県議会で自民党が単独過半数。 »

2007年9月20日 (木)

県議会の総括審査。

    県議会の報告の前に大雨被害の状況について報告します。この度の大雨が秋田県に大きな被害をもたらした事は連日の全国ニュースのトップで扱われている現状(さきがけOnTheWeb)です。県が取りまとめた19日午後2時30分現在の被災状況は、死者1名、行方不明1名、床上浸水  450棟、床下浸水  621棟、避難指示及び避難勧告は最大時  37,000名となりました。

北秋田市に於いては、昭和58年の日本海中部地震以来24年ぶりとなる災害救助法の適用となりました。この現状を捉え自由民主党秋田県連では武田政務調査会長を本部長とする、災害対策本部を設置しました。私も本部員に選任されました。

議会の審査を一時中断して午後3時には秋田県の災害対策本部が設置されました。午後3時10分には自由民主党本部から石原伸晃政務調査会長を団長として、5人の国会議員が20日被災現地調査に秋田県に来る事の連絡がありました。私は空かさず柳田本荘市長に電話をし「石原政務調査会長が朝10時に秋田空港に到着するので、そこに由利本荘市の災害復旧要望書を提出するように」と連絡を入れました。市長は「すぐ対応します」との事でした。後程電話があり「市長自身が要望書を持参し提出します」との事となりました。早期の災害復旧に努力します。         

Dsc_0400 県議会の総括審査がありました。総括審査は提案された事柄については勿論の事、県政全般に渡り重要な事に対し、知事始め部局長に質問するものです。この度は新たな税金導入に対しての質問が多く出されました。この質疑を受けて各々の会派で協議して結論を出します。Dsc_0357

私達自由民主党会派でも明日から協議が始まります。私も県民生活向上を念頭に協議に臨みます。

|

« 大雨で秋田県の被害が甚大。 | トップページ | 県議会で自民党が単独過半数。 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨で秋田県の被害が甚大。 | トップページ | 県議会で自民党が単独過半数。 »