« 29日は参議院議員選挙でした。 | トップページ | 秋田の竿灯祭りが開催 »

2007年8月 3日 (金)

国への予算要請活動

8月1日と2日に私が所属しております、秋田県議会 建設交通委員会による 平成20年度の重点事業要望活動を行ってきました。
まず1日には仙台の国土交通省 東北地方整備局 に訪問し、関係部課長との意見交換をしてきました。
200708011333000 ←(写真は会議室の様子)
私は地元の由利本荘市では勿論の事、秋田県にとっても最大級の事業である、「鳥海ダム」の建設促進について、河川部 河川情報管理官 西川和雄氏に訴えました。
私は鳥海ダムについて、平成5年から国による調査事務所が設置されもう15年も環境影響評価などを十分に調査されている事。
子吉川は渇水時に塩水遡上が発生する事、また河川から汲み上げて飲用している地域がある事。
ダム建設による水没地区の地権者は、全員ダム建設に理解を示し、反対者は居ない事。

2ヶ月ほど前に、市民グループがダム建設促進要望の署名活動を行ったところ、短期間に5万人を超える署名が集まった事。
等を説明し、早期事業着手について強く要請をしてきました。
なお、「鳥海ダム調査事務所」のホームページを下記に記してありますので時間のある時にご一読下さい。
私の友人曰く、由利本荘市内では実に生き生きとしたホームページであると感心していたホームページです

http://www.thr.mlit.go.jp/chokai/

次に、道路関係幹部に対し9月17日に供用開始が予定されている、日本海沿岸東北自動車道路の岩城から仁賀保まで(32.6Km)の事業促進に感謝しつつも、更なる南進、まずは現在建設予定されている象潟までの早期事業促進と未だ計画されていない、象潟から酒田港までの計画の決定を強く要請してきました。 以前にも情報提供しましたが、秋田県の道路整備についての冊子がありますので、ご紹介します。

http://www.thr.mlit.go.jp/akita/etc/laroute/pdf/vol36.pdf

2日には、東京霞ヶ関の国土交通省を訪問し、仙台で協議した内容を重ねて要望してきました。
幸い面談を申し入れておりました国土交通省の河川局長の門松 武 氏が在室されており、私は直接「鳥海ダム」の建設促進を申し入れる事が出来ました。 河川局 治水課長 関 克己 氏へも同じ内容の要請を行いました。
また、道路局長の宮田年耕氏とも面談する事が出来、「日沿道の仁賀保~象潟までの建設促進と、象潟~酒田港の計画推進」直接申し入れをする事が出来ました。
両局長への面談後、同省の幹部20人程の皆様に「秋田県の平成20年度重点事業要望書」を「宜しくお願いします」と一言添えながら、お届けいたしました。ビルの内部はエアコンが入ってはいるのですが、高めの温度設定の為に、広いフロアーを早足で歩き続けますと、額の汗は勿論の事、背中も汗でびっしょり、下着やシャツはもちろん上着にまで汗がしみてきます。
とても暑い思いをしましたが、私たちの熱意も伝われば幸いだと思った次第です。

|

« 29日は参議院議員選挙でした。 | トップページ | 秋田の竿灯祭りが開催 »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 29日は参議院議員選挙でした。 | トップページ | 秋田の竿灯祭りが開催 »