« 母の葬儀が無事に終了しました。 | トップページ | 連日の大雨被害 »

2007年8月27日 (月)

自宅裏の堤防が再度被害

200708270646000 去る22日の大雨増水により、我が家の敷地の真後ろを流れております荒沢川の堤防が半壊しました。
堤防の半分がえぐり取られ、決壊の危険性もあったため、由利本荘市からは我が家を中心とした約120世帯に「避難指示」があり緊張しました。
ちょうど自宅に居た我が家の娘と孫も親戚の家に避難しました。
一時は水位が堤防を乗り越え、敷地内に濁流が流れ込み、あわや床下浸水かと心配しましたが、ギリギリで堤防が持ちこたえてくれました。
翌日の秋田魁新報の由利本荘市の大雨被害の記事の写真に使われたのは、この堤防の半壊状況で我が家の敷地の様子でした。

由利本荘市の大雨水害対策本部からと秋田県の由利地域振興局建設部から、早速の現場確認と災害復旧の指示があり、翌日の少し水位が下がった隙を見て重機を搬入して、大型土嚢 150個程を堤防の前面と背面に設置したのでしたが、昨夜の大雨でその設置した大型土嚢が流出し、再度半分えぐり取られて脆弱化した砂利の盛土堤防が姿を現しています。
朝6時30分に現場を確認した方が我が家に訪れ「119番 消防署へ」連絡してくれと走り込んできました。
すぐさま、消防署及び市の支所長はじめ担当者がやってきて関係機関との連絡を取り合い再度の復旧工事の指示をしてくれておりました。
県と市の速やかな対応に感謝しております。

|

« 母の葬儀が無事に終了しました。 | トップページ | 連日の大雨被害 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の葬儀が無事に終了しました。 | トップページ | 連日の大雨被害 »